知っておきたい化粧品OEM会社選びとオリジナル化粧品製造の基礎知識

HOME » 代表的な化粧品製造メーカーをリサーチ » サティス製薬

サティス製薬

化粧品OEM事業を手がけるサティス製薬の特徴や、企画~納品までの流れを詳しくリサーチ。国産の天然素材にこだわった化粧品づくりや、専任スタッフによる専門性の高い製品づくり体制についても要チェックです。

サティス製薬が製造するオリジナルOEM化粧品の特徴

サティス製薬は、基礎化粧品・医薬部外品のOEMを中心に手がける企業。企画・開発から製造・販売・薬事法への対応まで、トータルでサービスを展開しています。

国産の天然素材を使用

オリジナル化粧品のこだわりは、国産の天然素材の使用。国産の植物にこだわって原料開発を実施しているため、ナチュラル・高性能・付加価値の高い化粧品づくりが可能となっています。原料の一例としては、渋柿エキス・クコの実エキス・栗渋皮エキス・温州みかんエキスなど。地域のこだわり素材を原料として、製品開発を行うこともできます。

専門性の高い製品づくり

サティス製薬では、固形石鹸・化粧水・クリーム・ボディケアなど、アイテムごとに専任スタッフが研究・開発を行っているのが特徴。天然植物エキスや微生物発酵など素材レベルでの研究にも力を入れており、高機能化粧品や医療機関向けのOEM製品開発も手掛けています。

商品開発は、コンセプトから処方・製造・薬事相談・梱包・出荷まで一貫して任せられるワンストップ方式。小ロット製造も可能となっているため、新規に化粧品事業をスタートさせようとしている方でも安心です。ただし、パッケージデザインは外部デザイナーへの委託となります。

チーム体制による高い安全性の確保

サティス製薬吉川工場では、異物混入防止チーム・安全衛生チーム・5Sチーム(整理・整頓・清掃清潔・修繕・躾)の3チームを結成して衛生管理を徹底。チーム分けをすることで衛生管理に対するムダをなくし、効率をアップして製造コストを下げる努力を行っています。また、製品の安全性・有効性・機能性をしっかりと評価し、客観的なデータとして提供。評価試験は、国内最多規模の60項目以上を実施しているそうです。

製造の流れ

1.マーケティング:販売企画課が担当
2.製品の立案:製剤チームが担当
3.開発:開発チームが担当
4.サンプルの評価:評価技術部が担当
5.容器・包材選定:営業チームが担当(内容に合った容器・箱などの材質を提案)
6.デザイン:広報課・製作チームが担当(デザイナーは外部委託)
7.製造:製造部が担当
8.品質検査:品質管理課が担当
9.完成・納品

会社概要

会社名 株式会社 サティス製薬
所在地 埼玉県吉川市中井57-1(本社・工場)
設立 1999年12月
問い合わせ時間 9:00~17:00(祝・祭日を除く月~金)
 
パーフェクト化粧品OEMガイド