知っておきたい化粧品OEM会社選びとオリジナル化粧品製造の基礎知識

HOME » OEM会社に依頼する化粧品作りマニュアル

OEM会社に依頼する化粧品作りマニュアル

このカテゴリでは、OEM化粧品会社に依頼する際に押さえておきたいポイントを製造の流れに沿ってご紹介しています。一般的な化粧品OEMの流れは以下の通り。

OEM会社に依頼する化粧品作りマニュアル1.問い合わせ・打ち合わせ
製造したい化粧品のコンセプト・販売戦略・ターゲットなどのヒアリングを行います。

2.企画
クライアントのニーズをOEM会社が把握し、要望に沿った企画を提案。

3.サンプル作成
企画に合った処方を検討し、サンプルを作成。納得がいくものが出来上がるまで改良を繰り返します。

4.資材・パッケージデザイン
ロットや予算を考慮しつつ、容器やパッケージデザインを決定します。パッケージデザインを請け負っていないOEM会社もあるので注意が必要。

5.見積り・発注
納得のいくサンプルができたら最終見積もり⇒契約⇒発注と移ります。

6.薬事申請
必要な薬事申請を行います。医薬部外品の場合、申請後約6ヵ月の審査期間が必要です。

7.製造
決められた処方に従って製品を製造・品質検査を実施。

8.納品・フォローアップ
決められた形で納品。販売促進・リニューアルの提案などフォローアップが受けられる会社もあります。

より詳しい解説や注意点は、各ページをご参照ください。

 
パーフェクト化粧品OEMガイド